後悔先に立たず

私は、我が子に頼るダメな親です。まだ小さな我が子に「どうする?」とか「どっちがいい?」とか「どうしたらいいと思う?」と聞いて、子どもに主導権を与えてしまいました。ですから、我が子は自分中心に地球は回っているくらいの気持ちになってしまったと思います。でも成長する中で、いろいろ痛い目にあいながら、学んでいるようです。相変わらず、懲りないなぁと思う事も多々ありますが・・・。

今になって、地球は自分中心には回っていないのだ。ってことをしっかり伝えるべきだった。そして親としてもっと威厳を持って、貫くべきだったとか、後悔する事ばかりです。とはいっても我が子のことを諦めるわけにはいきませんので、私も未だに悩み、奮闘中です。でもやはり「三つ子の魂百まで」です。植木鉢の乾いた土に水をあげたらスーッとしみていくように、小さい時期だと、子どもも素直に受け入れ、身に付いていくのです。幼稚園、そしてご家庭での毎日は、人生の基礎、土台となっていきます。時々、そのことを思いだしてください。

 

 

ひょんなことから我が家に突然犬が来ました。でもこの子は自立しなくてもいいので、

無責任に思い切り甘やかしております。